かずさんパパの親ばかブログ

バドミントンと勉強の文武両道を目指す家庭教育の工夫をつづります。

10の繰上がり/繰下がりの苦手な子必見!!あそびながら学べるトランプゲームの紹介

f:id:KazuSan:20170904231907p:plain

10の繰上り/繰下がりは、算数の最初の壁とも言えますね。

 

足して10になる数の組み合わせをおぼえていればよいのですが、うろ覚えだと間違えてしまいます。

 

私の娘と息子は、小学校入学前から珠算を習わせていましたが、習い始めのころは10の繰上りと繰下がりに苦戦しておりました。そろばんでも10の繰上がり/繰下がりの計算に、足して10になる数の組み合わせを使うため重要です。さらに、5の繰上がり/繰下がりもあるので、両方覚えないといけません。

 

その当時は、トランプのゲームを作って、子供たちと遊びながら足して10になる数や足して5になる数をおぼえられるようにしていました。

 

私以外にも同じように、トランプゲームを通じて繰上がり/繰下がりを克服するためのアイデアを考えている人がいましたので、紹介します。

 

 

1.5ならべ(7ならべの改良版)

■算数好きになるトランプの遊び方

 

10、J、Q、Kのカードは除いた状態でゲームをします。7ならべと同様に、5のカードを中心として、4、6と隣り合わせのカードを出していきます。

 

足して10になるカードのペアを両方出せたら、その真ん中のカードは裏返すというのが、通常の7ならべとは違うところです。

 

4,6のカードの双方を出したら、その真ん中の5のカードを裏返します。3,7のカードを出したら、その真ん中の4,6のカードを裏返します。(5はすでに裏返っています。)

 

カードを裏返す目的は、足して10になる数のペアを視覚的に認識しやすくするためのようです。4と6、3と7、2と8、1と9の組合せがすぐに出てこない状態の時は、まず、5ならべをやるといいかもしれません。

 

2.ババ抜き/神経衰弱の改良版

allabout.co.jp

この記事では、応用編も書かれているのですが、ここでは入門編の2つを紹介します。どちらも、10、J、Q、Kのカードは除いた状態でゲームをします。ババ抜きはジョーかを1枚だけ入れます。

① ババ抜き

通常のババ抜きは、同じカードがあれば、場に捨てますが、ここでは足して10になる数の場合に、場に捨てるというルールです。

通常、配られたカードの中から、まず、同じ数字のカードを2枚ペアで捨てます。また、ゲーム中も引いたカードと同じ数字のカードを持っていれば、ペアとして捨てることができますが、それを、足して10になる数字のペアで行います。

使うカードは、絵札と10を省いた1から9のカードとジョーカー1枚です。そして、通常のババ抜きと同様、それら全部のカードを配り切ります。

配られたカードの中で、写真のように、足して10になるカードをペアとして捨てます。写真のようにマークは同じでなくてもよいものとします。そして、ゲーム中も、引いたカードと足して10になるカードがあれば、ペアとして2枚捨てることができます。勝敗は通常のババ抜きと同じです。

②神経衰弱

通常は、同じ数字同士のカードをめくったら、そのカードを獲得することができますが、ここでは、足して10になるカード同士をめくると獲得することができるというルールです。

通常、同じ数字のカードを2枚表替えすことができたら、その2枚のカードをもらうことができますが、足して10になる2枚を表替えしたら、もらえるというルールです。これは、算数の足し算の合成の概念を理解するだけでなく、記憶力アップにもつながります。

 

どちらも、神経衰弱やババ抜きのノーマルのルールを知っていたら、取り組みやすいですよね。おすすめです。

 

3.神経衰弱メイクテン

www.president.co.jp

 

さきほどの神経衰弱のルールをさらにひねったものとなっており、足して10になるまでカードを複数回めくれるということのようです。たとえば、2、3、5のカードをめくったら、すべて足して10になるので、カードを獲得することができます。しかし、3、6、2だと、足して11になるため、カードを獲得することができません。すべて裏にして、次の人の番です。

 

これは、3つ以上のたし算もできるし、10を超える繰上りのたし算もできます。応用編ですね。足して10になる神経衰弱をクリアできたら、こちらのバージョンにチャレンジするのがよいと思います。

 

4.まとめ

10の合成数を子供たちに覚えてもらおうとして、数年前に私が考えた「合わせテン」というトランプゲームがあります。

 

このゲームを久しぶりに、先日、息子と遊びました。ただ、小4になった息子には、昔考えたルールでは物足りなくなってしまったようで、昔のようにあまり盛り上がりませんでした。

 

そこで、もっと楽しくなるようなルールを一緒に考えました!

まず、仮ルールを作って、1回遊ぶ。その遊んだ結果を振り返って、いまいちなルールをちょっと替えて、また遊ぶ。というようなことを繰り返したのですが、そこそこ面白いかなというルールになったと思います。

 

トランプゲームをすること自体よりも、息子と一緒にルールを作ったのが楽しかったですね。1時間以上二人でトランプをやっていました。機会があれば、「合わせテン」というトランプゲームも紹介したいと思います。

全日本珠算選手権大会の「読上暗算競技」と「読上算競技」。Excelをしのぐ正確な計算力が必要です。

f:id:KazuSan:20161123113844p:plain

ファンの一人として着目している「全日本珠算選手権大会」。先月、本大会の記事を書きました。よろしければ、読んでみてください。

kazusanblog.hatenablog.jp

 

本大会での「読上暗算競技」と「読上算競技」は、Excelをしのぐ正確な計算力が必要であることに気づきました。順を追って説明したいと思います。

 

 

1.平成29年度全日本珠算選手権大会 前編と後編

youtu.be

 

youtu.be

 

まずは、動画観賞報告です。動画を見た感想ですが、やはり、動画ではなく生で観戦したいです!

総合競技の同点決勝の早押し、読上算競技の読み手の早読み、都道府県対抗戦の緊迫感などは、動画ではなかなか感じ取れないですよね。

 

私以外にも、生で観戦したいと思う人がどれだけいるのかわかりません。ただ、本大会は、「競技を見せる」という部分も工夫されている大会だと思います。

大スクリーンに結果を表示したり、早押しがあったりと、見ていても楽しいです。なので、観覧者を募集してもよいかと思います。

 

2.読上算競技と読上暗算競技は、16桁までの数字を扱います

全日本珠算選手権大会の読上算競技と読上暗算競技は、16桁までの数字を読み手が読上げ、選手が計算をします。16桁とは、”何千兆”の位ですね。答えが17桁になることもあります。そうなると”何京”の位ですね。

 

16桁って非常に大きな数字なのですが、実感がわかないので身近な数字の桁数を調べてみました。

① 平成28年度の日本の一般会計予算は14桁

平成28年度の日本の一般会計予算は、96.7兆円程度なので、14桁となります。まだまだ小さいですね。

www.mof.go.jp

 

② 平成28年度の日本の特別会計の歳出は15桁

平成28年度の日本の特別会計予算は、403.9兆円なので、15桁となります。もうちょっとです。

www.mof.go.jp

③ クレジットカード番号は、16桁のものが多い

4ケタの数値が4つ並んだ クレジットカード番号は16桁です。ただし、これは電話番号などと同じで、計算するための数字ではありません。クレジットカード番号を足したり引いたりはしませんよね。そのため、16桁とはいえ、上記の国家予算の例と同列には扱えません。

 

いろいろと探してみたのですが、クレジットカード番号以外に、16桁の数字となる身近な例を探すことができませんでした。もしあれば、教えてください!

 

3.ところで、Excelは有効数字15桁までしか計算できません。

現在のバージョンのExcelは、以下の仕様になっているみたいです。


Excel のセルに桁数の多い数字を入力すると最後の桁がゼロに変更される

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/269370/last-digits-are-changed-to-zeroes-when-you-type-long-numbers-in-cells


 

デフォルトでは、有効数字15桁までしか計算ができないようです。もちろん、マクロを組めば、有効数字の桁数を増やすことはできます。

★有効数字とは、概数(おおよその数)にしているということです。正確な数値ではないということです。

 

Excelの仕様によると、16桁のクレジットカード番号を、数値として入力してしまうと、勝手に有効数字15桁に変換されてしまいます。つまり、末尾がゼロに変換されてしまいます。これだと、クレジットカード番号をExcelで管理しようとすると問題になりますね。

 

ただし、この問題の解決策はあります。数値を文字列として入力すれば、Excelで16桁も扱えるようになります。文字列になるので、計算はできなくなります。クレジットカード番号は、計算するための数字ではないので、番号管理の問題は、この解決策で十分ですね。

 

ただし、全日本珠算選手権大会の「読上算競技」は、16桁までの数字を足したり引いたりします。Excelで計算しようとすると、1の位の数値が正確でない可能性が出てきます。おおよその数での計算になってしまいますので、読上算競技ではバツになってしまいます。

 

こう考えると、全日本珠算選手権大会では、Excelをしのぐ正確な計算をしているといえると思います。コンピュータのソフトウェアよりも正確に計算していると考えると、すごさを感じますね。

 

4.まとめ

そろばんってすごいですよね。もっと脚光を浴びてもいいと思います。そろばん漫画やアニメ、さらには映画化となると、もっと人気が出るかもしれませんね。

 

中1娘の夏休みの宿題。仕事に関するインタビューに答えました。

f:id:KazuSan:20170827223858p:plain

夏休みも残り僅かになりました。最近は、8月下旬から新学期が始まる学校も増えてきているそうですが、私の子供たちが通う学校は、8月31日までが夏休みです。

 

中1娘の宿題で、親の仕事に関するインタビューがありました。社会とのつながりを感じて、将来の仕事に対するイメージをつけるのが目的なのでしょうか。自分が子供の頃には、このような宿題をやった記憶がありません。30年も経つと、宿題もいろいろと変わってくるのですね。

 

ちなみに、私の仕事の内容は、プロフィールに以前記載しましたので、よければ見てください。

kazusanblog.hatenablog.jp

 

 

1.以前も話をしたことを娘が覚えていました

 娘としては、母親である妻にインタビューをしたかったみたいなのですが、妻はめんどくさそうな対応をしていたので、矛先が私に向かってきました。ということで、私がインタビューを受けることになりました。

 

私の仕事の内容を娘に話をするのは、今回が初めてではありません。娘が小学生のときにも、話をしたことがあります。そのときは、学校の宿題ではなく、日常会話をしている最中での「どんなお仕事しているの?」という何気ない質問した。その時は確か、小学3、4年だったので、仕事の内容を詳しく説明しても伝わりません。説明を相当簡略化して話したことを覚えています。そのため、私としては、消化不良の状態でした。

 

しかしながら、娘は、その時の説明を一応覚えていたようでした。その時は、ちゃんと聞いていたのかどうかわからない反応だったのですが、話を覚えていたのはうれしかったですね。

 

 2.インタビューで触発された私の心配や過去の記憶

自分の仕事のことを話はじめたら、いろいろなことが頭の中を駆け巡りました。

① 気がかりな娘の進路や将来の仕事のこと

娘自身はまだ、将来の仕事に対しては漠然としか考えていないようです。中1だから当たり前ですね。もちろんのこと、高校の志望校についてもまだまだ決まっておりません。

私と同じような仕事に就くのか、全く違うしごとにつくのか、全然想像もできません。

 

今回の宿題は、少しでも将来の仕事のことを考えるきっかけを作るために出されたのかもしれませんね。

 

② 数学の先生になりたかった中学生のころ

自分のことを振り返ってみると、中学生のころは、数学の先生になろうと思っていました。というのも、数学が好きで得意でもあり、クラスメートにも数学を教えていたりもしていたからです。

 

高校になっても気持ちは変わらず、むしろ強くなり、大学生になったらすぐに、塾の講師のアルバイトをやり始めました。修士の2年間を合わせて合計6年間、塾の講師をやりましたね。教員免許も取得するつもりで、教職課程の授業も受講し、単位もいくつかとっていました。

 

③ 進路を非常に悩んだ大学生のころ

しかし、大学時代は、別の選択肢としてシステムエンジニアもいいかなとも思い始めてもいました。その当時は、インターネットが広まり始めたころで、Windows3.1とかWindows95とかの時代です。これらのコンピュータを仕事にするも面白いなと感じていたのです。

 

その当時は、今と比べるとパソコンの値段も高く、塾の講師で稼いだお金をパソコンにほとんどつぎ込んでいました。4畳半の部屋にパソコンを3台並べて、自分が寝るところがなくなってしまい、廊下で寝ていたころもありました。

 

数学の先生になるか、システムエンジニアになるか非常に悩んだのですが、システムエンジニアになることを選択しました。

 

3.まとめ

娘のために、軽い気持ちで仕事に関するインタビューに答えていたうちに、私自身がいまの仕事に対して見つめなおすいい機会になるという思いがけない収穫を得ました。

 

なので、この宿題は、親のことも考えて出されたのかな?とも考えてしまった宿題でした。

 

 

娘も今やりたいと考えていることがあっても、10年後は違うことに興味を持っているかもしれません。これから、進路についていろいろと悩むことでしょう。(思春期ですね!!)だんだん、父親には相談しなくなってくると思うのですが、何か困ったことがあったら、力になりたいと思っています。

 

 

子供向けのプログラミング。一見ムダと思える試行錯誤が一番重要と再認識しました。

f:id:KazuSan:20170816191354p:plain

先月買ったノートPCは、息子がいつでも自由に使えるように、ログインパスワードも教えています。TVゲームやYouTubeに飽きると、息子自らがノートPCを起動し、プログラミングの課題をこなしています。

 

最初は、プログラミング教室に通わせようと思っていたのですが、自分で教えることにしました。過去にもプログラミングの記事を書きましたので、よろしければご覧ください。

kazusanblog.hatenablog.jp 

kazusanblog.hatenablog.jp

 

 

1.息子は、Code Studioがお気に入り

私が仕事の時も、時々ノートPCを立ち上げて時々自分でやっていたようです。

 

息子は、Code Studioのサイトがお気に入りのようで、こちらにログインして、課題をこなしています。子供が興味を向くように工夫してあり、アングリ―バードやマインクラフトなどのゲームキャラクターとコラボした課題もあります。

studio.code.org

 

やはり、息子自身が知っているキャラクターだと課題をやりやすいらしく、いつもは、自分でいろいろとやっているようです。

 

2.息子と一緒にプログラミング教室 in 自宅を開催

今日は、私がお盆休みのため、息子と一緒にプログラミングの課題をやることにしました。

 

2つ目の課題をやりはじめると、息子が苦戦し始めました。 繰り返しブロックを使う課題です。

 

繰り返しブロックを使って、最小ブロック数で課題をクリアすることを目指していたのですが、どう使えばいいのか、中々気づきません。

 

ついつい、「アーしろ!」とか「コーしろ!」などを言ってしまいました。ブロックを試行錯誤していろいろ組み替えていると、「ダメダメ!」とも言ってしまいました。いつの間にか、私自信が熱くなってしまっており、口出しが多くなってしまいました。

 

そのため、私がトイレに行っているすきに、息子はPCを閉じてしまってプログラミングの課題をやめていました。

勝手にやめてしまっていたので、いつもなら、「コラー!」と怒るところなのですが、口を出しすぎたことがいけなかったとすぐに気づき、自省しました。(トイレに行って冷静になっていたため、気づけました。)

 

私の余計な口出しが、せっかく自分でやろうとしていた息子の気持ちを削いでしまったのだと思います。

 

3.一見ムダと思える試行錯誤が一番重要と再認識

よくよく考えてみると、
悪戦苦闘や試行錯誤が一番大事な勉強
なんですよね。当たり前のことです。しかし、私の得意分野であることもあり、つい、口出しをしてしまいました。

 

悪戦苦闘や試行錯誤しているのを目の当たりにすると、つい、ゴールに導いてやりたくなってしまうのですが、そこが一番勉強になるんですよね。ゴールに簡単についてしまうと息子のためになりませんよね。

 

これからは、息子が助けを求めてこない限りは、口出しをしないのが一番いいかなと再認識しました。

 

 

夏休みの残りもあとわずか!!親子でお出かけスポットの検索サイトのおすすめ3選!!

f:id:KazuSan:20170722212238p:plain

子供たちの夏休みもあと2週間程度になりましたね。お盆休みも終わってしまうので、親子で出かけられるのは、残りの土日か、平日に有給を取るかのどちらかとなります。

 

うちの子たちは、バドミントンやそろばんなどをやったり、お祭りやプールに行ったりと大忙しでした。子供たちが大きくなってきたので、友達と出かけることが増え、親と一緒にでかけるという機会がだいぶ減ったので寂しい思いをしています。

 

夏休み開始に、私が子供たちにやらせたいことを紹介しましたが、まだ半分ぐらいしか達成できていません。

kazusanblog.hatenablog.jp

 

もうすでに夏休みの予定が決まっている方も、これから予定を決める方にも私がお気に入りの検索サイトをご紹介します。いろいろなスポットを検索できますので、ぜひ活用してみてください。

 

 

*いこーよ

iko-yo.net

このサイトは、行きたいカテゴリや地域を絞り込めるだけではなく、開催日や対象年齢も絞り込み対象として選べます。検索機能が一番充実していると思います。

 

おととしの家族旅行の際に、立ち寄るスポットを検索するときに使いました。その時は、私の両親と妹の家族も含めて総勢10名での旅行だったので、みんながなるべく楽しめそうなスポットを探すのに大いに重宝しました。

 

対象年齢でも絞り込めるのは、非常に便利です。小学生は低学年と高学年と理解できる内容やできることが大分ちがいますからね。

 

登録されているスポットの数も豊富で、掘り出し物にも出会えるかもしれません。個人的には一番のおすすめの検索サイトです。

 

*ODesso

kodomo-to.net

 

新着情報や特集のページなどがあるのですが、掲載地域が東日本地域に限られています。これから、掲載地域を拡充していくとは思うのですが、西日本地域に出かけたい場合は、利用できないのが残念です。

 

*どうする.com

www.dousuru.com

 

ジャンルと地域でスポットを絞り込みができます。

 

β版と表示してあるので、まだまだ改良する予定なのかもしれません。ただ、新着情報の日付や口コミ情報の日付が数年前のものになっているので、活用が少ないような感じです。

 

*まとめ

子供と一緒に出掛けられるのは、小、中学生ぐらいまでですよね。高校生をすぎてしまうと、一緒に出掛ける機会はグッと減ってしまうと思います。

 

特に今年は、息子2人で出かけることが多く、4人全員でのお出かけは少なかったですね。娘もそのうち、一緒に出掛けるのが嫌だというようになってしまうと思うので、お出かけスポットを探してみようかと思います。