かずさんパパの親ばかブログ

バドミントンと勉強の文武両道を目指す家庭教育の工夫をつづります。

基礎的な計算力の身につけるには、やはりそろばんがいいですね。

娘はそこそこ計算力が付いてきたと感じていますが、小学校入学前はちゃんとできるようになれるか心配でした。算数や国語の授業についていけるかどうかが不安でした。

そこで、幼児教室に通わせて、基礎的な読み書きと数を理解させようとしました。1年程通い、順調にこなしていると思っていたのですが、簡単なたし算、引き算をやる段階になると、お手上げの状態になってしまっていました。

f:id:KazuSan:20170708071542p:plain

家でもプリントはときどきチェックしており、すべて満点だったので、理解していると思っていたのですが、大きな間違いでした。出された宿題を家で解こうとしても、まったく自力では解けない状況になっていました。

 

これはマズイと感じ、娘に状況を聞くと、隣の子の答えを見て写していたとのこと。小学校入学前の無邪気な頃なので、答えを埋めることが大事だと思っていたのでしょう。これでは、このまま幼児教室に通い続けても基礎的な計算力はつかないだろうと思い、やめさせることにしました。

 

私が子供のころ、そろばん塾に通っていました。そのおかげで、基礎的な計算力が身についたと感じています。そろばんは、数と基礎的な計算をイメージするには最適だと感じています。数字を見ると頭の中にそろばんの珠が浮かびます。

このような実体験があったので、娘もそろばん塾に通わせることにしました。ちょうど、私が子供のころに習っていた先生が、現在も塾を続けていたため、同じそろばん塾にお世話になることにしました。

すると今では、基本的な計算ができるようになったのはもちろんのこと、算数の計算問題には抵抗を持たずに取り組めるようになりました。

息子にもそろばん塾へかよわせたのですが、2年生のときには、すでにかけ算をそろばんでやっていたので、学校の授業を復習として聞くことができたようです。

 

f:id:KazuSan:20161123113844p:plain

そろばんのおかげで、二人とも算数の計算問題を得意とすることができ、今のところ、算数を好きになれているようです。