かずさんパパの親ばかブログ

バドミントンと勉強の文武両道を目指す家庭教育の工夫をつづります。

あそび:子供たちと鬼ごっこして、自分の体力も増強させる方法

こんにちは。かずさんパパです。

娘と息子は鬼ごっこが好きなようです。


娘の友達が遊びに来たのですが、私を含めて4人で鬼ごっこをやろうと誘われました。
小さいころは、家の周りを追いかけていただけで満足していたのですが、最近はもっと広いところを走らないと満足しなくなりました。

子供たちは、道路での追いかけっこをやりたがっていましたが、さすがに交通量が多く危ないので、近所の広い公園まででかけて、鬼ごっこすることにしました。
(自分が子供のころもよく友達と鬼ごっこをして遊んだ場所です。)

先週も鬼ごっこをしたのに、今週もまたやるのか?とも思ったのですが、子供たちは、やる気満々でした。

 

私と鬼ごっこをしたがる理由を振り返ってみると、過去に一度、TV番組の「逃走中」をまねて、背広を着た私が、サングラスをかけて子供たちを追いかけたことがあります。そのことがとても楽しかったようで、それ以降、鬼ごっこをやろうとよくせがまれます。

www.fujitv.co.jp

今日も30分程度でやめようという話にしておいたので、途中で「終わりの時間だよ!」と声をかけようと近づこうとしても、逃げられてしまい、なかなか声をかけられません。小さな丘もある公園なので、鬼ごっこをやる場所としては最適なのですが、平らではない分、体力の消耗が激しいです。私はもうへとへとでした。

1時間程度したらやっと、子供たちも疲れてきて、鬼ごっこはお開きとなりました。

私と鬼ごっこをやろうと思わなくなるのがどれくらい先になるかわかりませんが、誘われているのが華だと思い、しばらく子供たちと付き合おかと思っています。
(自分自身の体力増強にもなりますしね。)