かずさんパパの親ばかブログ

バドミントンと勉強の文武両道を目指す家庭教育の工夫をつづります。

そろばんを習っている小3の息子が小数のかけ算に大苦戦

 

今日、午前中に息子そろばんの練習をサポートしました。

どうも小数のかけ算が苦手なようです。位取りがいまいち理解できていない模様。

 

そろばんを弾くスキルはある程度できているみたいなのですが、位取りの間違いでバツになっています。

 

前回の珠算3級の検定試験の時も、かけ算だけが合格点の達していないため不合格になっていました。数か月経過しているのですが、まだ理解できていないようです。

kazusanblog.hatenablog.jp

 

小3の算数で、小数のたし算とひき算は習っているようです。ただ、小数同士のかけ算は、小5で習うようですね。

 

第2章 各教科 第3節 算数:文部科学省

 

 

息子は、小数のかけ算の意味がわからず、ずっと練習をしていたようです。

「答えがたまたま一致していてもダメ、意味が分からないとダメ」

と指摘をすると、息子はへそをまげてしまい、「自分で一人でやるからいい!」

という状態になってしまいました。

 

娘の場合は、厳しくすると何とか食らいついてできるようになろうとするのですが、息子の場合は、プライドが高いのか、できないことを認めるのが嫌なようです。

 

そうはいっても小数のかけ算を理解できないと先に進めないので、簡単なかけ算の問題を解かせて、位取りを理解してもらえるように以下のサイトの問題をプリントアウトしました。

 

小数の計算問題ドリル(2項3項の四則演算)

 

これから、息子にやらせようと思います。