かずさんパパの親ばかブログ

バドミントンと勉強の文武両道を目指す家庭教育の工夫をつづります。

小4息子が算数マジックに挑戦!!

息子が算数マジックを学校で教わってきたようで、私に披露しました。

先週、1回披露しようとしていたのですが、息子自身がやり方をうろ覚えだったため、途中で断念しました。本日再挑戦です。

【算数マジックの内容】
  1. 二人で交互に7桁の数字を5回書きます。
  2. 交互に書いた5種類の数字のたし算を瞬時に行います。電卓やそろばんで計算するよりも早く足します。
★実施上の注意
  • 最上位の数字は、9以外の数字を使うことします。
  • 444のように連続した数字を書いてはだめです。   

 

例えば、以下のように出題者(息子)から交互に数字を書いて、最後に出題者が5種類の数字すべてを足します。

f:id:KazuSan:20170707213758p:plain

 息子はそろばんをやっているとはいえ、計算が早すぎます。5個目の数字を記載した直後に、答えを記載始めました。

息子が描いた答えを、私がそろばんで検算すると正解でした。適当に数字を書いたわけではないようです。何かタネがあるのではないかと思い、息子を問い詰めると、やり方を教えてくれました。

 

【種明かし】

f:id:KazuSan:20170707214809p:plain

挑戦者(かずさんパパ)が書いた数字に対して、足して9999999になる数字を出題者(息子)が記載します。6だったら3、8だったら1ですね。

 

これを2回やります。

 

5種類の数字を足す計算は、出題者(息子)が最初に記載した数字の前に「2」を書いて、1の位から「2」を引けば答えになるとのことです。

 

なるほど、そういう理屈なのか。と感心しました。なんで、このやり方で答えが出ると思う?ということを一緒に考えようと思ったのですが、息子に逃げられてしまいました。。。

 

なんで、こうなるのかを考えるのが面白いと思うのに残念です。でも、息子が学校で教えてもらったことを理解して、家で披露できたのはよく頑張ったかなと思います。

 

今度は、なんでそうなるのか?にも興味持ってね。

 

最後に、いつか理由についても興味を持ってくれたときの息子の為に、なんでこの方法で求まるのかを簡単に説明します。

★簡単解説

9999999=10000000-1ですよね。

なので、9999999+9999999=20000000-2になります。

この数字に元の数字3589472を足すと、23589472-2になります。

最後に2を引いて終わりです。

 

f:id:KazuSan:20170707221209p:plain