かずさんパパの親ばかブログ

バドミントンと勉強の文武両道を目指す家庭教育の工夫をつづります。

夏休みだからこそ、子供にやらせたい事セレクト3選

f:id:KazuSan:20170720211354j:plain

中1の娘も小4の息子も今日が終業式でした。明日から、待ちに待った夏休みです!

とはいえ、親としては、40日もある長い休みの間、ゴロゴロしているのではなく、有意義に過ごしてほしいなと思っています。

 

もちろん、バドミントンや学校の宿題などをしっかりやるとは思うのですが、それ以外のことでやってほしいなあと個人的に思っていることを紹介します。

 

平常時は、バドミントンと家庭学習の往復で時々あそびという生活を送っているので、夏休みには、ちょっと違うことを体験してほしいですよね。

 

 

1.親子でプログラミング講習へ参加したい!

私自身が、IT系の仕事をやっていることもありますが、息子もコンピュータが好きなようです。というよりもTVゲームやタブレットゲームが好きですね。空き時間があれば、やめなさい!というまでひたすらゲーム漬けです。

 

最近、息子が熱中しているのは、「マインクラフト」と「マリオメーカー」です。

minecraft.net

www.nintendo.co.jp

 

どちらも、部品を組み合わせて何かを作るゲームです。自分でいろいろなものを作れるので、全く同じものは存在しません。作ったものを自分で楽しむだけではなく、ネットでも公開できるようです。

 

「Scratch(スクラッチ)」という言語?で、子供でもできるプログラミングがあります。私が子供のころは、意味も分からずアルファベットを入力して、動いたらやった!!!という感じでやっていたのですが、最近はもっと簡単なようですね。

scratch.mit.edu

 

親子で参加できるプログラミング講習会を2種類申し込んだのですが、1つは抽選に外れました。残念!

もう一つは、抽選結果待ちです。親子で参加する形式なので、私もどんなものか非常に興味があります。ぜひ、当選して参加したいですね。

 

2.夏休み親子経済教室に参加したい!

娘が中学に進学し、お小遣いもアップしました。友達付き合いも増え、スマフォも買い与えています。小学生までは、お小遣いの使い道はたかが知れていたのですが、中学生にもなると、1回のお出かけで数千円つかうことも増えてきます。

 

なので、経済観念を身に着けてもらうために、親子経済教室に行きたいなと思っていました。が、東京開催はすでに満席になっていました。人気がある講座なんですね。

www.jpx.co.jp

 

来年の夏休みには参加できるように、早めにチェックをしておこうと思います。

 

3.工作

これは、我が家では毎年実施していますので、今年も作ると思います。ついつい、親が口を出し、手を出してしまうのです。いつの間にか、親が一生懸命になって作ってしまっています。

 

娘が小1のころは、娘が完全に受け身の状態になってしまい、最終的には、全く手を動かさず、「まだできないのぉ??」と口だけ参加と言う始末に。。

 

ということも含めて、親子で一緒に工作をするということは、いい思い出になります。娘も、「そんなことあったね。」と今では、笑い話になっています。

 

www.idea-chokinbako.jp

www.chuden-edu.or.jp

 

中学生になった娘は工作はやらないと言っていたので、息子と一緒に作ろうと思います。何ができるのか楽しみですね。